« 「縁起焼」彦まる饅頭 | メイン | ふるさとアスピック »

田槌商店

萩市の田槌商店さんにおじゃましました。
お店の前の道路をはさんで菊ケ浜が広がり、萩城跡がある指月山が見え、素晴らしいロケーションです。

9時半ごろ行った時には、すでにちりめんやいりこが一面に広げられて、なお作業が進められているところでした。ボイルされたシラスは網にあげられ、人の手によって手際良くひろげられていきます。この日は漁が多かったようで、ちりめん、かえり、いりこの3種類が天日干しされていました。

天日干しには太陽だけでなく風も必要だとか。
お天気が怪しくなってくると、大急ぎで中へ移動させなければいけませんから、空模様はいつも気になるところです。

いりこはちりめんより大きいので、途中でひっくり返す作業も行われます。
いりこの中に時々いかが混じっているのですが、いりこと一緒にボイルされたいかもまた美味しいのですよ。

ちりめんやいりこは、カタクチイワシです。
カタクチイワシは、下あごが小さく、上あごが前に突き出ていて、上あごだけで片方の口しかないように見えることからついた名前とも言われています。
口が目の後ろまで大きく開くのも特徴です。


お問合せ:田槌商店

お願い

価格等は変更する場合もありますので、お問合せ先にご確認ください。            
Powered by
Movable Type 3.37